山形大学インクジェット開発センター

MENU

インクジェットコンソーシアム1


2018年度インクジェットコンソーシアムの研究テーマ提案

<YU-IJC-2018-1> 新規機能・性能を有するインクジェットヘッドの開発

2018-1-A:   高粘度インク用インクジェットヘッドの開発
2018-1-B:  超小型インクジェットヘッドの開発

 研究テーマ番号

 YU-IJC-2018-1 

 研究テーマ名称

 新規機能・性能を有するインクジェットヘッドの開発

 研究目的

 新規な応用を創出する従来にない機能・性能を有するインクジェットヘッドを開発する。

 研究期間

 2018年4月1日から2021年3月31日まで

研究内容と研究スケジュール

サブテーマ番号

サブテーマ名称

研究内容

研究内容

YU-IJC-2018-1-A

 高粘度インク用インクジェットヘッドの開発

(1)200mPa s以上の粘度を持つインクを吐出できる多ノズル化可能なピエゾ方式インクジェットヘッドを実現する。
(2)吐出可能な粘度上限を明らかにする。
(3)目標特性に対するヘッド設計手順を示す。

 2018年度:1ノズルヘッドを試作し原理実証を行う。 
 2019年度:シミュレーションによる性能解析を行う。多ノズルヘッドを試作する。 
 2020年度:多ノズルヘッドの改良を進める。

YU-IJC-2018-1-B

 超小型インクジェットヘッドの開発

(1)MEMS技術を用いて小型で使い捨て可能な安価なピエゾヘッドを開発する。
(2)多様な応用に適用できるスケーラブルな構造を提案する。
(3)MEMSファンドリーを利用してカスタムインクジェットヘッド製造のスキームを構築する。

 2018年度:ヘッド仕様検討を行う。MEMSファンドリー調査を実施する。
 2019年度:ヘッド構造を提案し開発計画を策定する。
 2020年度:MEMSファンドリーを利用して試作を行う。ヘッド特性評価を実施する。




「インクジェットコンソーシアム1」の問合せ先


活動内容、年会費 、規約等の申し込みは、お問い合せページよりご連絡ください。

お問い合わせのページへ     
上へ戻る