山形大学インクジェット開発センター

MENU

インクジェットコンソーシアム2


2018年度インクジェットコンソーシアムの研究テーマ提案

<YU-IJC-2018-2 >インクレオロジーと吐出特性の解析

2018-2-A:   インクレオロジー物性計測装置の開発
2018-2-B:   インクレオロジーを考慮したインクジェットシミュレーション
2018-2-C:   ミスト発生、ノズル目詰まりの解析
2018-2-D:   モデルレオロジーインクの開発
 

 研究テーマ番号

 YU-IJC-2018-2

 研究テーマ名称

 インクレオロジーと吐出特性の解析

 研究目的

 粘弾性などのレオロジー特性を持つインクの吐出性に係る解析技術を確立する。

 研究期間

 2018年4月1日から2021年3月31日まで

研究内容と研究スケジュール

サブテーマ番号

サブテーマ名称

研究内容

研究内容

YU-IJC-2018-2-A

  インクレオロジー物性計測装置の開発

(1)インクジェットの液滴形成の流れ状態におけるインクレオロジー物性を計測するレオメーターを開発する。

 2018年度:測定すべき物性値と装置を提案し設計を行う。

 2019年度:試作と評価を進める。

 2020年度:改良を進め、実用的なプロトタイプを完成させる

YU-IJC-2018-2-B

 インクレオロジーを考慮したインクジェットシミュレーション

(1)インクジェットの液滴形成の流れ状態におけるインクレオロジー物性を計測するレオメーターを開発する。

 2018年度:手法を調査し、ベースとなるプログラムを決める。
 2019年度:モデルインクの物性値で計算を進め実験と比較する。
 2020年度:プログラムとして完成させる。

YU-IJC-2018-2-C

 ミスト発生、ノズル目詰まりの解析

(1)インクの乾燥によるノズル内インクの増粘過程を計測する。
(2)インクのレオロジー特性とミスト発生の関係を明らかにする。

 2018年度:計測装置の導入。粘度計測の原理確認。
 2019年度:モデルインクで計測を実施。
 2020年度:モデルインクを使った実験とシミュレーション比較を実施。

YU-IJC-2018-2-D

 モデルレオロジーインクの開発

(1)実インクを模擬するレオロジー特性を持つモデルインクを提案する。
(2)提案したモデルインクを用いて吐出性に係る解析を行う。

 2018年度:モデルインクを提案。
 2019年度:レオロジー物性値の異なる複数のモデルインクを提案。
 2020年度:実験評価へ展開。





「インクジェットコンソーシアム1」の問合せ先


活動内容、年会費 、規約等の申し込みは、お問い合せページよりご連絡ください。

お問い合わせのページへ     

  

上へ戻る