山形大学インクジェット開発センター

MENU

活動内容Activity Information

インクジェットコンソーシアム3




インクジェットインクコンソーシアム設立趣旨

材料設計から応用展開及び実用化までのサプライチェーンを一気通貫した、新たなバリューチェーンを提供する。
市場が要望するインクジェットインクの材料設計には、インク構成成分の高機能化が求められている。
上記高機能化を実現するためには、精密重合技術に着目し、インクを構成する色材及び樹脂を精密に設計することで、新たな表現力が付与できるインクジェットインクを開発する。


活動内容

<YU-IJC-2021-3>コンソーシアム型   《別途資料はこちらから》

 目 的:精密重合技術を用いたインクジェットインクの基盤技術の開発
 テーマ:インクジェットインクの顔料分散技術の開発
 成果物:特許(共同出願、実施権許諾)、インク基本組成物

 研究テーマ番号

 YU-IJC-2021-3

 研究テーマ名称

   インクジェットインクの顔料分散技術の  開発

 研究目的

  水系/UV硬化(溶剤)系インクジェットインクの顔料分散に関する基盤技術を開発する。

 研究期間

 2021年4月1日から2024年3月31日まで

研究目的と研究内容

テーマ番号

テーマ名称

研究目的

研究内容

YU-IJC-2021-3

 インクジェットインクの顔料分散技術の開発

(1)溶媒系インク毎の代表的な顔料に最適な分散剤を設計する。特に吸着基/構造等の因子が顔料分散に与える寄与度を明確化する。

(2)適正な物理特性(吐出等)を有するインク基本組成物を設計する。

(3)開発指針の提示と、工業化に向けた取り組みを行う。

 

 2021年度:
 ・最適吸着基の検討
 ・形態別最適構造の検討
 ・適正吐出特性最適インク設計
 2022年度:
 ・吐出以外の物理特性を有する最適インク設計
 ・適用顔料の拡張
 2023年度:
 ・開発指針の提示 
 ・工業化に向けた取り組み

 

「インクジェットコンソーシアム3」の問合せ先

活動内容、年会費 、規約等の申し込みは、下記の連絡先、またはお問い合せページよりご連絡ください。

インクジェット全般

   担当:酒井真理 産学連携教授 E-mail : shinri.sakai<at>yz.yamagata-u.ac.jp        

インク関連

   担当:高橋茂樹 産学連携教授 E-mail : shigeki.takahashi<at>yz.yamagata-u.ac.jp 
   担当:高村真澄 産学連携教授 E-mail : masumi_takamura<at>yz.yamagata-u.ac.jp 
 


お問い合わせのページへ  

                            インクジェットコンソーシアム1のページへ
                            インクジェットコンソーシアム2のページへ

                        活動内容のページに戻る

  

  

上へ戻る